自己犠牲をやめよう!

自己犠牲をして、自分を苦しめていませんか?
自己犠牲をして、自分を狭めていませんか?



自己犠牲とは
自分の何かを犠牲して、人に尽くすこと

「自分がボロボロになってまで、人のために尽くしている」
「私は、こんなにも皆のために、身を削って頑張ってきました」

「そこまでするなんて立派だ」
「なかなかできることではない」
と、その姿を高く評価することでしょう。

確かに、その通りです。

世界中の全ての人が「自分さえ良ければ、他の人はどうだっていい」と、

自分のことだけを考えていたら…平和な世界にはなりません。
特に日本では、自己犠牲の精神は「美しいもの」とされています。

でも、誰かの幸せのために、自分を「犠牲」にすることは、

本当に「美しく」「もっとも望ましい」生き方なのでしょうか…

自己犠牲とは…
何度も何度も、自問自答しました。
自分のことより、他人を優先してしまったり、
人が嫌がることを率先してやってみたり、
頼み事をされて、断われず受け入れてしまったり、

自分の負担が増えるにもかかわらず、引き受けてしまう。

無理をしていなければ、良いです!!
ただ、知らず知らずのうちに、我慢をしている…
他人を優先するあまり、自分を大切に出来ず…
本当は、疲れていませんか?

他にも
良かれと思っても、ウザいと思われてしまったり、
都合よく使われて、利用されてしまったり、
断われなくて、責任を押し付けられたり、
尽くせば愛してくれる…と依存してしまったり、

思い当たりませんか?


では、どうして我慢してしまうんでしょう…

「周りの人に、嫌な人だと思われたくない。」
「平和主義、その場合の雰囲気を壊したくない。」
「他人から必要とされたい。認められたい。」
「ハッキリとNOと言えない。自己主張が出来ない。」

当てはまりますよね。
全部、そう!私のこと。


どうしたら良いのでしょう。。。


自分を大事にする、優先する

これは、
何度も何度も耳にタコが出来るほど聞かされました。
自分に余裕がないと他人には施せません。
いっぱいいっぱい、ギリギリの精神状態では、
本当の意味での親切、真心は届きません。

他にも、
嫌われる勇気を持つ・・・流行りましたよね、本。
無理しないで、人を頼る・・・何でも男前に自分で抱え込まない。
相手のためになるか考える・・・他人にやってもらった事は、
一時的なものであって、実際は、当の本人が自分の力で解決することである。


自分を大事にするとは…

自分の心の声を、聞いてあげる!
自分の望むことを、最優先してあげる!
自分で自分を、愛してあげる💛



自己犠牲をやめる《本来の自分を取り戻す》

自分が幸せになれる《ポジティブに生きれる》

幸せを他人に分けてあげられる《自分らしく、ありのまま》

これこそが、健全な「人のため」ですね💛



コメント

このブログの人気の投稿

あなたのため...ホントは誰のため?

劣等感をプラスにするには…

言いたいことが言えない人へ