劣等感を手放そう

劣等感。。。。
良いも、悪いも、ないです。
それで、イイんです。

「自分は、可愛くないから、太ってるから、
頑張って、綺麗になる!痩せてモテるようになる!」
「自分は貧乏だから、頑張ってお金持ちになる!」

人が何か頑張る根底には、劣等感があって良いんです。
『劣等感は人が努力するために必要な感情である。』
と、アドラーは言っています。


ただ・・・好ましくない方向に向かうと、、、
「劣等コンプレックス」です。

「劣等感」は、感情
「劣等コンプレックス」は、劣等感による不安や恐れ
心のわだかまりは、行動を止め、思考もマイナスになり、
体調不良にも繋がっていきます。

視野が狭くなっていたり、自己肯定感が低いと
マイナス思考になり、苦しくなってきます。

まずは、


「どうせ、わたしなんて・・・」
と自己否定することを、やめてみましょう。
「どうせ・・・
と出かかったら、頭に思い描いてしまったら、
即刻、振り払ってください!即、捨てる!すぐ!
「どうせ・・・」は、いらないんです!

「大丈夫、わたしは、大丈夫」
「充分、可愛いし、これから痩せるし、だいじょうぶ👌」


「だいじょうぶだぁ〜」は、魔法の言葉です。
なんとかなります。
「死ぬ以外は、かすり傷」と言ってた方もいました。
なんとかなります。
時間がかかることもありますが、だいじょうぶです。
まいにち、まいにち、自分に語りかけてあげてください。

「だいじょうぶよ。」
「わたしは、大丈夫。」


コメント

このブログの人気の投稿

言いたいことが言えない人へ

あなたのため...ホントは誰のため?

必要とされたい…