あなたのため...ホントは誰のため?

よくみえますよね。

「あなたのため思って」「こうした方が、絶対あなたのためになるわ」
と、おっしゃってるかた。。。

でも、本当は、あなたのためでなく、ご自分のためじゃないかしら?

「どうしたいか、なんて決められないから、決めてあげてるの!」




そんな事は、ありません。

生まれたての赤ちゃんは、自分軸で生きています。
「お腹が空いた」と泣きます。
「眠たい」とグズります。

けれども、
大人になるにつれて、「他人軸」で生きるように教えられます。
しかも、それが正しいかのように。

わがままを言わない親の言うことを聞く良い子。
学校や先生の教えを守る優等生。
秩序を守り、上司に従順な部下。
世間体のため、見て見ぬふりする仮面夫婦。

平和で波風を立てないことをヨシとする日本人。




そんな「他人軸」で生きるようになってしまっているので、
自分は、なにがしたいのか。
なんのために生まれてきたのか。
なにをしたらいいのか。
どんどん「自分」というものを、見失ってしまう。

死んだように、生きる・・・


「自分軸」

後悔しない生き方
それを選ぶのも自分。周りに流されて生きるの自分。

他人は変えられない。
変えられるのは、自分だけ。
自分の意志よって、未来が変容していく。
自分の意図よって、未来が創造されていく。

自分の未来は、自分で創造しよう。





コメント

このブログの人気の投稿

劣等感をプラスにするには…

言いたいことが言えない人へ